RC Co. Ltd.

COLUMN 【システム構築の失敗】外注によるシステム構築の失敗事例とその対策方法

Column 【システム構築の失敗】外注によるシステム構築の失敗事例とその対策方法

外注によるシステム構築でよくある失敗例・失敗を防ぐ対策方法を解説

システム構築の外注は、自社が持っていない高度な技術力を活用できる一方で、コミュニケーションの問題や予算オーバーなどのリスクも伴います。

システム構築の外注でよくある失敗事例と失敗を防ぐ対策について解説します。

システム構築の外注でよくある失敗事例

システム構築の外注でよくある失敗事例

基幹システムなどのITシステムの外注は、技術力を持たない企業にとっては便利な選択肢ですが、一方で誤った管理やコミュニケーションの不足がもたらす失敗事例があります。

納期遅延

システム構築の外注で多く見られる失敗例の一つが納期遅延です。原因としては、要件定義の不備や開発プロセスの混乱、外注先とのコミュニケーション不足などが考えられます。

要件定義が不明確な場合、開発が進むにつれて新たな課題が発生し、それに伴い開発スケジュールが遅れることがあります。また、開発プロセスが明確ではない、あるいは計画どおりに進まない場合も、納期遅延の原因となります。

さらに、外注先とのコミュニケーションが不十分な場合、期待するシステム構築が進行せず、修正や再開発に時間を要することで納期が遅延することもあります。期間とコストを適切に管理するためにも、外注先との定期的なコミュニケーションと明確な要件定義が重要です。

予算オーバー

システム構築の外注において、予算オーバーは頻繁に見受けられる失敗事例です。発注者が納期を重視しすぎるあまり、外注先に増員を求めると、予想以上のコストが発生してしまいます。具体的には、納期を短縮するために必要な人材やリソースの増加が、予算の膨張を招く可能性があります。

予算オーバーの原因としては、発注者側のシステムの完成像が曖昧である場合も指摘されています。これにより、外注先が必要以上のリソースを割くことがあり、結果として予算オーバーにつながる可能性があります。

システムのユーザビリティ不足

システム構築の外注で起こりやすい重要な失敗事例として、システムのユーザビリティ不足が挙げられます。ユーザビリティとは、システムの使いやすさや便利さを指し、この不足はユーザーの満足度に大きな影響を与えます。

その主な原因として、発注者側のシステムの完成像が曖昧であることが考えられます。具体的な要件や目的が明確ではないと、開発者はユーザーの視点や業務フローを適切に理解できず、その結果、操作性が低いシステムが構築されてしまう可能性があります。

外注によるシステム構築の失敗を防ぐための対策

外注によるシステム構築で失敗しないための対策はいくつかあります。

外注先の実績の確認

システム構築の外注先選定において、実績の確認は非常に重要なステップです。外注先の過去のプロジェクトや成果を調査し、その品質や納期管理、コスト管理などを評価することで、その外注先が信頼できるパートナーかどうかを判断できます。

具体的には、以下の観点で外注先の実績を確認しましょう。

  • 外注先が過去に取り組んだプロジェクトの規模と内容
  • システム開発の品質(バグの頻度やユーザーレビューなど)
  • 納期管理(納期の遵守率や遅延の頻度)
  • コスト管理(予算内での運用率やコストオーバーの発生状況)

これらを通じて、外注先の技術力だけでなく、プロジェクト管理能力も評価することができます。このステップをしっかり行うことで、システム構築の失敗リスクを低減することが可能です。

要件定義の共有と確認

システム構築の外注では、要件定義の共有と確認が重要なフェーズとなります。要件定義は、システムの完成像を明確に示す一方で、外注先と発注者の間で認識のずれを極力減らす役割も果たします。

打ち合わせの段階で、発注者側のシステムの完成像が曖昧であると、後に手戻りが発生する可能性が高まります。このため、具体的で詳細な要件定義を共有し、双方が同じ理解を持つことが求められます。

予算と納期の現実的な設定

システム構築の外注を成功させるためには、予算と納期の現実的な設定が欠かせません。システム開発には様々な要素が絡み合い、一筋縄ではいかないことも多いです。そこで、あらかじめ余裕を持ったスケジュールとコスト設定をすることが重要です。

まず、外注先との初期段階の打ち合わせで、システム構築に必要な機能や要件を詳細に共有し、それにもとづいた見積もりを取ることが肝心です。また、納期についても同様に余裕を持ったスケジュール設定を心掛けましょう。開発にはトラブルやリスクがつきものです。障害が発生した場合でも安全に対応できる時間的余裕があると、クオリティの維持にもつながります。

成功するシステム構築外注のために

成功するシステム構築外注

成功するシステム構築の外注は、外注先の実績の確認、適切なコミュニケーション、予算と納期の現実的な設定が必要です。

明確な要件を持つことで開発の方向性を一致させ、適切なコミュニケーションによりミスの早期発見・修正を可能にします。予算と納期の現実的な設定は、開発の進行をスムーズにします。外注の際はこれらの観点を念頭に置き、注意深く進めましょう。

プロジェクトが炎上し、予算超過や遅延で頭を抱えていませんか?RC GLOBAL Information Technologyは、厳しい状況に直面したプロジェクトの救済に長けた専門家チームを有しています。

クライアント様のニーズを深く理解し、それぞれのビジネスに最適な解決策をご提案いたします。まずはお気軽にご相談ください。

COMPANY 企業情報

失敗しないシステム構築・開発なら「RC GLOBAL Information Technology」まで

Japan

会社名
RC株式会社
代表取締役
大平和史
主な事業
DX経営の総合代理店
設立日
2022/02/24
メールアドレス
kazushi.ohira@rc-ltd-alliance.com
電話番号
(+81) 80 5401 9348
所在地
〒106-0032 東京都港区六本木6丁目1−20

Dubai

会社名
R C GLOBAL INFORMATION TECHNOLOGY EST.
代表取締役
Kazushi Ohira
主な事業
General agency for DX management execution
設立日
2022/11/10
メールアドレス
kazushi.ohira@rc-ltd-alliance.com
電話番号
(+971) 58 517 1988
所在地
Office106,Coastal Building 2, AlQusais, Dubai, UAE