RC Co. Ltd.

COLUMN ITシステムの炎上を防ぐ!外注先の選び方からコミュニケーションまで解説

Column ITシステムの炎上を防ぐ!外注先の選び方からコミュニケーションまで解説

ITシステム炎上を防ぐ!外注先の選び方から必要な準備・コミュニケーションのポイントまで解説

ITシステムの炎上が一度発生すると、プロジェクトを正常化するのが困難であり、納品までの道のりが険しくなります。

こちらでは、炎上を防ぐための外注先選定からプロジェクト開始前の準備、コミュニケーションのポイントまで詳しく解説します。

失敗しないITシステム外注!外注先選定のポイント

外注先選定のポイント

ITシステムの外注では、自社が必要とするシステム開発に適切な知識・スキルを持つシステムエンジニア・パートナーを選ぶことが重要です。こちらでは、外注先選定のポイントをご紹介します。

信頼性の確認

まず、外注先の信頼性を確認します。信頼性が高い外注先は、実績や技術力を持っているだけでなく、納期遵守や約束をしっかりと守る企業です。

また、他のクライアントからの評価や口コミなども参考にすると良いでしょう。

専門性と実績・経験

外注先の選定においては、専門性と経験も重要な要素です。特に、ITシステムの構築においては技術的な知識だけでなく、業界やビジネスの知識も必要とされます。

所望のシステムの開発経験があるか、システムエンジニアの技術力はどれくらいか、過去に手がけた案件の実績や経験を確認しましょう。

コストと納期の評価

コストと納期も重要な項目です。予算内でプロジェクトを完了させ、指定の納期を守れる会社を選ぶことが大切です。ただし、安易に低価格の外注先を選ぶと、品質が犠牲になる場合もありますので注意が必要です。

また、納期については業務フローが遅延しないよう、リアルなスケジュールを見積もり時に確認しましょう。外注先が適切にプロジェクト管理を行い、納期遵守が可能であるかも重要な評価ポイントとなります。

プロジェクト開始前の準備

プロジェクト開始前の準備は、ITシステムの炎上を防ぐための重要なステップです。

以下の準備が整ったうえでプロジェクトを開始することにより、炎上リスクを大幅に減らすことが可能です。

明確な要件定義と共有

ITシステムを外注する際、最初に重要となるのが「明確な要件定義とその共有」です。要件定義とは、システムの機能や性能、制約条件などを具体的に示したもので、これが曖昧だと開発が進行する中で混乱や認識のずれが生じ、結果的にシステム炎上を引き起こす原因となります。

具体的には、必要な機能や性能をリストアップし、それぞれの優先度や納期、費用などを明記した「要件定義書」を作成します。この書類は、開発者と発注者双方で共有し、適宜更新していくことで認識のずれを防ぎます。

また、要件定義書作成には専門的な知識が必要なため、外部のITコンサルタントに依頼することも一つの手段となります。

納期と品質への共通理解の形成

納期と品質の共通理解は、ITシステム開発の外注において重要なステップです。納期はビジネスの進行に直結し、遅延はトラブルの要因となります。一方、品質はユーザーにとって重要な価値を提供する基盤です。これらを適切に管理するためには、外注先とのコミュニケーションが不可欠です。

まず、納期の設定については、予期せぬ遅延を防ぐために余裕を持たせることが重要です。また、品質については具体的な基準を設定し、それが共有されていることを確認します。

これらの共通理解は、プロジェクト全体をスムーズに進行させ、結果的にITシステムの炎上を回避するための鍵となります。

プロジェクト進行中のコミュニケーション

プロジェクト進行中のコミュニケーションは、ITシステム炎上を防ぐうえで重要な要素です。

定期的な進行状況のチェックとフィードバック

システム開発の進行状況は、予期せぬ問題の発生やスケジュールへの影響を早期に発見し、対策を立てるための重要なポイントです。定期的なチェックとフィードバックは、プロジェクトをスムーズに進行させるための必須のステップとなります。

まずは進行状況のチェック方法として、定例のミーティングを設けることが一般的です。これにより、双方の進捗状況や課題を共有し、必要に応じて調整を行うことが可能になります。また、納品物の中間チェックを行い、期待する品質が確保されているかを確認することも重要です。

一方、成果物のフィードバックは、外注先に対して改善点や要望を伝える手段です。良い点や改善すべき点を具体的に提示し、それをもとに改善を進めることで、プロジェクトの成功につながります。

問題が発生した際の適切な対応とコミュニケーション

プロジェクト中に問題が発生した場合、社内だけではなく外注先の管理者やシステムエンジニアを含め適切な対応とコミュニケーションが必要となります。まずは問題を正確に理解し、その影響を正確に評価することが大切です。そのうえで解決策を考え、適切なタイミングで関係者全員と共有することが求められます。

積極的にコミュニケーションを取ることで、プロジェクトが計画どおりに進行し、ITシステムの炎上を未然に防ぐことが可能となります。

ITシステムの外注に失敗した経験のある企業様、信頼できる外注先(システムエンジニア・パートナー)をお探しのプロジェクトチームの皆様、ぜひRC GLOBAL Information Technologyの事業内容と案件実績をご覧ください。

炎上を防ぐには適切な外注先選定とコミュニケーションが重要

適切な外注先選定とのコミュニケーション

ITシステムの外注を成功させ、プロジェクトの炎上を防ぐためには、信頼性をはじめとした評価基準に基づいて最適な外注先を選定します。そのうえで明確な要件定義を外注先と共有し、開発の方向性を確認します。これにより、途中での方針転換や余計なコストの発生を事前に防ぐことが可能となります。

また、プロジェクト期間中は進行状況を定期的にチェックし、問題が発生した際には迅速かつ適切に対応することが重要です。これらの手順を踏むことで、ITシステムの外注による炎上リスクを大幅に軽減できます。

RC GLOBAL Information Technologyは、炎上案件でお悩みの企業様やプロジェクトチームの皆様に向けて、スムーズなプロジェクト再構築のサポートを提供しています。お客様の現状や要望を詳しくお伺いしたうえで、必要なリソースを迅速に提供し、最適な解決策をご提案いたします。

COMPANY 企業情報

ITシステム炎上を防ぐプロジェクトの事なら「RC GLOBAL Information Technology」まで!

Japan

会社名
RC株式会社
代表取締役
大平和史
主な事業
DX経営の総合代理店
設立日
2022/02/24
メールアドレス
kazushi.ohira@rc-ltd-alliance.com
電話番号
(+81) 80 5401 9348
所在地
〒106-0032 東京都港区六本木6丁目1−20

Dubai

会社名
R C GLOBAL INFORMATION TECHNOLOGY EST.
代表取締役
Kazushi Ohira
主な事業
General agency for DX management execution
設立日
2022/11/10
メールアドレス
kazushi.ohira@rc-ltd-alliance.com
電話番号
(+971) 58 517 1988
所在地
Office106,Coastal Building 2, AlQusais, Dubai, UAE